東京ディズニーシー(TDS)

2002-11/10〜2002-11/11

TDSは自宅から車で40分のところ、まさかそこに宿泊する事になろうとは考えた事もなかったが、丁度一年前(昨年の11月11日)にTDSのホテルミラコスタで結婚式を挙げた息子夫婦から挙式後一年を記念して、思いがけずも同ホテル一泊に招待された。

写真の枚数が多いので2つに分けしました。
 風  景  スペシャル・ショー

2002-11/10(日)

『昼食は途中で食べようか』と昼近くになってから家を出た。
TDSのホテルに着いたのは午後2時少し前、まだチェックインの時間には早いので荷物をホテルに預けてからチケットを買ってTDSに入る。TDSへのチケットはホテルのロビーに有る窓口(2階)でも購入でき1階から直接園に出られる。
園内は沢山の人で溢れていて、何処へどういったら良いのかよく分からず、人の流れに乗ったまま奥へ奥へと歩いていくと、たまたま短い行列を発見。聞いてみると船に乗れるという。船に乗って狭い水路を進んでいくと・・・終点は!! なんとホテル前まで戻されてしまった。双六で言う『振り出しに戻る』という奴である。
ウロウロしていると目の前の湾でショー(Water Carnival)が始まった。何処から出てきたのか不思議に思うほど沢山の見物客で、たちまちの内に湾の周囲は埋め尽くされてしまった。連凧をあげたジェットスキーが湾内を走り回る中をディズニーキャラクターを乗せた船が静かに行進。そして花火が上がる度に歓声とどよめきが沸きあがる。
ショーの時間は30分弱であろうか、その後ホテルに戻って息子夫婦それにお嫁さんのご両親とも合流してチェックイン。5階の客室からはTDSの全貌が見晴らせて気持ちがいい。また同階のラウンジ(飲み物無料、夜間はアルコールも)からもTDSの園内を眺める事ができる。
夕食はホテル内のレストランで久しぶりに老若3夫婦ご一緒し中華料理を頂く。あっさりした味付けでなかなか美味しい料理であった。
その後自分達の部屋に戻り夜のショー(Disney Sea Symphony)を鑑賞。ライトアップされたTDSの夜景と水と花火のショーに妻は感嘆の声を上げ、窓辺からの眺めはまるで外国に来ているようだと感動していた。
ショーを見た後は、午後10時まで開園しているTDS内を散策してからラウンジで休憩していると、息子達も戻ってきて皆でドリンクサービスを受けながら談笑。楽しい一日目は終わった。


2002-11/11(月)

快晴。朝食はバイキングだがルームサービスも可能で、前日の夜12時までに希望メニューにチェックを入れたカードをドアノブにかけておくと翌朝指定時刻に部屋まで届けてくれる。部屋で園内の朝を眺めながらゆっくりと朝食をたべてから、荷物をラウンジに預け園内へ(ホテルのチェックアウトは12時まででそれまでに部屋を空ければ特別手続きをする必要はない方式らしい)
昨日はただウロウロしたので今日は効率よく周ろうと息子達に案内を頼む。まず船に乗って一番奥へ行きインディー・ジョーンズ・アドベンチャーのファストパスを取ってから他のアトラクションを見ることにしたが出発が遅かったのか何処も待ち時間が一時間以上の人人人。
幾つかアトラクションを見たところで昼近くなり、コロンビア号のレストランで昼食。一等船室を模したレストランは落ち着いた雰囲気で調度品も品がいい。12時少し前だったからか待ち時間5分で席につけたが、それから10分と経たない内に待ち時間が1時間にもなってしまったらしい。兎に角何処でも行列のTDSである。ゆっくりと食事してから付近を散策していると、昨日も見たウォーターカーニバルが始まった。
息子夫婦の結婚記念日に思いもかけない招待を受け、天候にも恵まれて楽しい思い出の一ペ−ジを刻む事が出来た。