成東・東金食虫植物群落なるとう・とうがねしょくちゅうしょくぶつぐんらく
(国指定天然記念物)


成東町と東金市にまたがって広がる湿原には7種類の食虫植物をはじめ絶滅危惧種を含む沢山の植物が確認されており、1920年に「成東町肉食植物産地」とし て日本で初めての天然記念物に指定され、1978年に「成東・東金食虫植物群落」に名称変更されました。
指定面積は当初約3.9ヘクタールでしたが、その後指 定の解除や追加があり現在は1.7ヘクタールになっています。


全景


トキソウ
トキソウ
トキソウ トキソウ

ハルリンドウ
ハルリンドウ

コキンバイザサ
コキンバイザサ

イシモチソウ(食虫植物)
イシモチソウ

モウセンゴケ(食虫植物)
モウセンゴケ モウセンゴケ

ミズチドリ
ミズチドリ

キバナノマツバニンジン(帰化植物)
キバナノマツバニンジン

タカトウダイ
タカトウダイ

ワタスゲ
ワタスゲ


場 所:千葉県山武郡成東町殿台296(電話:0475-80-1261)
交 通:JR総武本線成東駅からバス5分の殿台バス停で下車徒歩20分
自動車:高速国道(千葉東金道路)山武成東IC〜県道121号殿台バス停右折3分
     または国道126号津辺交差点右折県道121号殿台バス停右折3分
     無料駐車場から徒歩1分
その他:4月〜9月/午前9時〜午後4時(毎日)
    10月〜11月中旬/午前10時〜午後3時(土・日・祝日のみ)
参考資料:国指定天然記念物『成東・東金食虫植物群落』ガイド(成東町教育委員会発行)